毎日の生活に使う水洗トイレの水漏れは深刻です

毎日、使用する水洗トイレやウオシュレットの水漏れは生活する上に極めて深刻な問題となります。2階の水洗トイレの場合には、下の階にまで影響するので水漏れ個所を早期に探し出し修理しなければなりません。トラブルの多くは、タンクと便器、便器とウオシュレット、便器と床の設置部分等からが多く、それぞれの接続部分に使用されているパッキンの劣化やヒビ割れ、固定していた接続用のナット、ネジ等の緩みが原因です。特に、原因の多い個所は、トイレタンクに係わるところで、長期間使用している間に振動などによってタンク内の部品のずれや接合部分の劣化することでトラブルが起こります。

水漏れが生じたならば、即、水道の元栓又はトイレ内にある止水栓を止めることで、被害の拡大を防ぎます。そして、トイレタンク内部や接合部分を詳細に調べ、水漏れ個所を確認することですす。接合部からの水漏れの場合には、接合部を取り外し新しいパッキンに、接続部が損傷しているときには部品を交換します。タンク内でチョロチョロと水が出ている音がしいるならば、タンク内のパーツのズレでうまく機能していない可能性があります。

各パーツを正しい位置に戻し、しっかりと固定します。また、トイレの水を節約するためにタンク内にペットボトルを沈めている人もおりますが、ペットボトルの固定が上手くいかず、タンク内のパーツ機能を妨げている場合が多いので、ペットボトルでの節水は避けすべきです。交換部品の入手が困難な場合や手に負えない修理ときには専門業者に依頼した方が良いです。大阪の水漏れ修繕 のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です