トイレの水漏れの対処法と修理会社の選び方

トイレが水漏れしているとパニックになることがありますが、慌てないで止水栓を閉めてから原因を探すことが大事です。原因がわかっても無理をして自分で修理しようとせず、簡単な応急処置だけして、修理会社に連絡して点検してもらってください。トイレの水漏れの原因としては、部品の劣化が考えられます。特にパイプ同士や水道管をつなぐ接続部にあるパッキンやナットは、他の部品よりも劣化しやすいので注意が必要です。

ナットはしっかり締め直し、パッキンは交感すると改善します。パッキンは自分でも交換はできますが、サイズが合わないなどのトラブルも起きやすいので、修理会社に依頼した方が安全です。トイレのタンクの水漏れも良くあります。タンク自体にトラブルが発生している場合と、タンクとパイプの接続部分にトラブルが発生している場合があります。

接続部分のトラブルなら自分で改善できますが、タンクのトラブルの場合は内部の部品が劣化したり、位置がずれていることもあるので、専門知識がない人は修理会社に点検してもらうことが大事です。便器の下が水浸しになっている場合は、便器が壊れていると思う人も多いですが、便器が結露で水漏れに見える場合もあるので、便器をしっかり拭いてみて、ヒビが入っていないか点検するといいでしょう。修理会社を選ぶ場合は、値段の安さだけで選んでしまうと、後で高額な追加料金を取られたり、手抜き工事をされる可能性もあるので、じっくり口コミや体験談などを参考にして選ぶことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です