トイレ便器への水漏れは自分でも修理できます

トイレに水を流した後も、チョロチョロとタンクから水漏れが続く故障が生じる事があります。チョロチョロとした水漏れでもずっと流れ続けるので、早期に修理しないと水道代が驚くほどになってしまいます。もちろん業者さんにお願いすれば確実ですが、業者さんに依頼すると、どんな簡単で短時間で終わる修理でも出張費を取られるので、結構費用が掛かります。冒頭に記した様な故障は、自分でも簡単に修理できるので、まず自分で挑戦されるのがお勧めです。

チョロチョロ水漏れが続くのは、トイレのタンクから便器に水を流す部分を開閉する栓であるゴムフロートの劣化に因るのが大部分です。この場合、以下の手順でゴムフロートをホームセンター等で購入した新しいもに交換すれば修理可能です。手順は最初に止水栓を止めてタンク内の水を流し切り空にします。次にタンクの蓋を開け、タンク側面のハンドルと連動して動く金属チェーンと古いゴムフロートを外し、新しいゴムフロートに交換すればOKです。

新しいゴムフロートについているチェーンの長さは、元々の長さに合わせておけば問題ありません。取り替えた後に、ゴムフロートが便器への流出口をぴったりと塞ぐ事を確認しておきます。これで作業は完了で、止水栓を開き、水を流した後に便器内への水漏れがない事を確認すれば修理完了です。トイレの水漏れの中でも最も簡単なもので、業者さんに依頼すれば1万円程度は必要ですが、自分で行えばゴムフロートの1000円程度で済むので挑戦する価値が十分あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です