トイレの水漏れの対処と修理について

トイレの水漏れはほとんどの場合、経年劣化による不具合が原因となっております。修理する場合には症状によって壊れている箇所が異なります。もし、水漏れが起こってしまった場合には、まずは慌てないでトイレの止水栓をし得る事が大切です。トイレには水道管が直結している部分が多くあり、そこを止める事で水が止まるので修理をするまで水道の節約にもなります。

自分で水漏れを修理する事も考えるかも知れませんが、決して無理をしてはいけません。無理をするとより被害を大きくしてしまったり悪化させてしまう事もあり、それによって費用も大きくなることもあるので注意する事が大切です。水漏れ修理にかかる料金の相場として、フロートバルブの故障と浮き球の故障、ポールタップの故障に鎖の故障に関しては8千円から1万1千円です。便器とタンクの間から漏れている場合は1万円から1万2千円、便器と床の隙間から漏れている場合には便器の交換が必要となるため、10万円から30万円となります。

トラブルの原因として、節約目的にペットボトルをタンクに入れており、そのペットボトルのせいでタンクの部品が正しく機能しなくなるという事があります。そのため、ペットボトルをタンクに入れるという方法は決してお勧めする事はできません。タンクが壊れてしまい修理代がかかってしまう事もあるのでやめる事をお勧めします。最後に何処にも異常が見られないという場合は、タンクや便器が結露してそれを水漏れと勘違いしてしまっている事もあります。

結露吸収シートを活用したり換気扇を回すなどをすると改善でいる可能性があります。24時間対応してくれるところも多いため、早めに相談すればよい対処法を教えて頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です