新宿のクリニックでシミ取りを

シミ治療を行いながら予防を

シミができてしまったら、薄くするための努力をしなければなりません。皮膚科に行くと外用薬や内服薬が処方されますし、レーザー治療が行われることもあります。外用薬で有名なのはハイドロキノンであり、お肌の漂白剤と呼ばれるほど強い作用を持ちます。即効性がありますので選択されることが多いのですが、その作用故に副作用も心配されます。

皮膚科では医師の判断のもと適切な使用量が指導されますので、それを正しく守って使うことが大切です。内服薬でも効果の高いものがあり、ビタミンC誘導体やトランサミン、L-システインなどが比較的有名な成分です。内服薬は体の内側からじっくりとケアしていくものであり、改善されるまでに多少の時間がかかります。結果を焦らずに経過を見守ることが大切です。

これらの処方された薬で治療を行えばシミは改善されますが、予防をすることも大切です。治療によって改善するには長い期間がかかりますので、できる前に予防をしてしまった方がはるかに効率的です。シミの予防で忘れてはいけないのが、日よけ対策です。日傘や日焼け止めなどを最大限に活用し、シミのもとを作らないようにする必要があります。

また、浴びてしまった紫外線の影響を少なくするために、美白化粧品を利用します。摂取する栄養素にも気を配り、肌のターンオーバーを整えておけば、多少のトラブルに見舞われてもすぐに改善できます。シミ対策では、日々のこうした努力がとても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です