新宿のクリニックでシミ取りを

対極的なシミの治療を友達と比べてみた

私は、プラセンタの注射を週1回1アンプルを打つという治療法を、試してみました。内面的に作用する方法でこめかみにある少々目立つシミをターゲットにし、ほぼ10ヶ月打ち続けた頃、シミがなくなり周りの人からは頬にあった小さなシミ軍団が目立たなくなるのとともに、そばかすまでなくなった気がするといってもらえました。しかも色が白くなり肌に潤いも戻ってきました。かたや友達は、美容外科ではなく、普通の皮膚科ですが口コミでたくさんの人が押し寄せる病院でして、レーザーでジュッとする短期決戦で試してみると、通院2回目でシミ一つ一つにあてていき、皮膚を焼いているのですから痛みもあるのでしょうけど、どんな痛みだったのか効いてみたところ、バチッバチッという音は驚いたけど、痛みとしては輪ゴムでぱちんぱちんと弾かれているような軽い痛みだったそうです。

絆創膏だらけで帰ってきましたが、翌日には顔も洗っていいし、数日でお化粧もできるそうです。もし短期での治療ならマスクや、めがねと帽子がかかせない花粉の季節がいいとおもいますが、紫外線とも戦わないといけないので、悩むとこではありますね。まあ注射の場合でも打つたびに痛みはあるので、どちらを選ぶかは人それだろうと思います。しかし、やはりシミは治療のあとも戦いないのです。

UVケアのクリームは屋内にいても塗ることをかかさないとか、夏の暑い時期でも帽子をかぶり肌を露出しないとか毎日のケアが大事なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です