新宿のクリニックでシミ取りを

気になるシミ治療について

シミと一口に言っても様々なタイプがあります。これは皮膚に排出されずに残ってしまったメラニン色素です。一般的にシミといわれているものは老人性色素班といいます。紫外線が原因となることが多く、太陽にあたりやすい部分にできやすいです。

そばかすは子供の頃から小さな色素班ができ、目の下や頬のあたりにできることが多いです。夏に目立ち冬になると目立ちにくくなります。遺伝的な様子も強く、メラノサイト機能の活性化によってメラニン色素が沈着している状態です。肝斑とは両頬や、下あご、鼻の下などに左右対称に地図のようなべったりとしたシミができるのが特徴です。

30代以降の女性にできることが多い後天性のシミで、紫外線と女性ホルモンの関連が強いと言われていますが、詳しくはまだ解明されていません。治療には化粧品などのスキンケア、健康食品やビタミン剤での治療、エステなどのお肌のお手入れ、そして美容整形などでの治療など様々です。化粧品や健康食品などは価格が高くないので試してみる人が多いですが、効果があらわれるまでに時間がかかるため、続けてずっとその費用を負担できずあきらめてしまう人も多いです。エステや美容外科になると費用がかなり高額でなかなか手が出ないのが現状です。

金銭的な余裕が出来たらと思っているうちに年齢が大きくなってしまい諦める人が多いです。また美容外科はなんとなく行きづらいと思う人もいますが、最近では情報も多く出て評判をもとに行く人も多くなってきました。まずは自分のシミをどうしたいのか予算はどれぐらいなのかを考えて、下調べしてみましょう。自分にあったところが見つけられます。

きれいになりたいと思う気持ちは何歳になっても変わらないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です